<< 偽NIKEのCM * TOP * 信じるのだ!アンダーセン教を! >>

NBAニュースヘッドライン

今日のNBAニュース

YouTubeアイコン本日のNBA動画(YOUTUBE)

一定期間更新がないため広告を表示しています


はてなブックマーク - スポンサーサイト TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
2003年、当時ヨーロッパ選手としては過去最高の2位指名された未完のままの大器腐りかけのミカンといえば、そう、ダーコ・ミリチッチ

ダーコ・ミリチッチ

2003年のドラフトといえば、レブロン、カーメロ、ウェイド、ボッシュがいる時代を担う黄金世代。その中でダントツの鈍光を放っている彼。かつてのペジャ・ストヤコビッチやノビツキーのように、ピストンズで純粋培養されることを願っていましたが、当時のHCラリー・ブラウンの新人を使わない方針以前に、本人にやる気が全くないようで。

出場時間を得られなかったピストンズから満を持して移籍したマジックでの1年目。ドワイトの控えながらショットブロックで貢献し、やきもきしていたファンたちは希望の光を垣間見ました。が、そこから全く伸びず、遂にはメンフィスへ移籍。ここで運よくスタメンに抜擢されるも大きな成長は見せれず、昨シーズンは新人のマーク・ガソルにスタメンを奪われる始末。

完全に期待を裏切られました。


それに加えて何がガッカリかっていうと、私と誕生日が一緒なんです。こんなノトーリアスな選手と一緒なんて不本意極まりない。もう一日早く生まれていればノビツキーと一緒だったのに・・・・こんちくしょう。

そんな鈍光ミリチッチはこの度ニューヨークへ移籍。そういえば昨年もヤリッチと供に移籍するかも?って噂があったような。煌びやかなニューヨークで、そこそこに解雇されないようにプレーして、存分に夜の摩天楼を楽しむんでしょうか。

ミリチッチのユニフォーム破り動画

ハルク・ホーガンもビックリ。完全に子供ですwww

(via Basketbawful

ポテンシャルは十分のはずなんだよなぁ・・・


ミリチッチは750万ドルももらってやがります。 しかし来シーズンで完全FAのミリチッチ。ヨーロッパに戻るかNBAに残るかの正念場。いや、ここでアピールしないと選手生命すら危うい。

レブロン獲にご執心のニックスは来シーズン契約しないでしょう。ダントーニスタイルの元、走力と若さを生かしてプチブレイクを狙いましょう。そして2010年のFA市場で、レブロン予算を使えなかったチームと上手に契約だ!

はてなブックマーク - 腐りかけのミカン TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)

はてなブックマーク - スポンサーサイト TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
コメント









トラックバックURL
http://n-b-a.jugem.jp/trackback/413
トラックバック