NBAニュースヘッドライン

今日のNBAニュース

YouTubeアイコン本日のNBA動画(YOUTUBE)

一定期間更新がないため広告を表示しています


はてなブックマーク - スポンサーサイト TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
クリス・ケイマンは結局ホーネッツ残留に。
せっかくトレード話に首ったけでワクワクしてたのにつまんないでやんの。

キレイなクリス・ケイマン
クリス・エリオット


ケイマンはもう飽きたので、中国に鑑真号で渡った(ウソです)デンバーの悪党組、ケニョン・マーティン、JR・スミス、ウィルソン・チャンドラーの去就に注目。

ナゲッツの中国組3人

三悪党のCBAスタッツ

JR・スミス
ケニョン・マーティン(もうないっぽい?)
ウィルソン・チャンドラー

JRスミスはCBA(中国プロバスケットボールリーグ)で目下得点王(JRスミスのCBスタッツ)。

マーティンはクリッパーズと1年契約。スミスもクリッパーズが触手を伸ばしている様子。なんかこの二人がクリッパーズに入るのやだなぁ。ヤンキーが「お、お前んとこいいチームじゃん。ちょっと混ぜろや」的なノリでくるようで。

ウィルソン・チャンドラーにはトロントが獲得に乗り出しているようですが、現在好調のナゲッツは流出阻止するか注目。

本来、CBA終了の3月まで復帰は認められていなかったのですが、マーティンはズルして復帰にこぎつけたようです。どうせみんなズルして復帰するんだろーけど。



はてなブックマーク - もーとーさーやー TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
オールスターセンターのクリス・ケイマンの移籍話の結末はどうなるのでしょうか。
すでにトレードブロックされているようなので秒読みみたいです。

2003年、所謂「レブロン世代」のドラフトで6位入団。
この年のドラフトに触れるとどうしたって考えさせられてしまうのがミリシッチ

永らくいなかった本格白人センターとして期待に違わぬ成長を遂げて2010年にはオールスターに初選出されました(2003年組でオールスターに出てないのは1位レブロンから6位ケイマンまででミリシッチただ一人・・・)。

今シーズンはクリス・ポール絡みのビッグトレードでエリック・ゴードンとともにニューオリンズ・ホーネッツへ移籍するも満足に出場せずにいよいよ移籍間近との噂で持ちきりです。


あれ?こんなにヤバそうな外見だったっけ・・・・?
クリス・ケイマン


移籍先候補として、インディアナ・ペイサーズ、ヒューストン・ロケッツ、ボストン・セルティックス、アトランタ・ホークス、ミルウォーキー・バックスなどが挙がっていたようですが、現状ではペイサーズが有力とのこと。ペイサーズには若手の成長株センター、ヒバ棒ことロイ・ヒバートがいるので、ペイサーズ入りしたら控えのセンターが妥当でしょう。ただ今期ペイサーズ入したデビット・ウェストがビックリするくらいチームにフィットしてないので、ツインタワー実現に期待しちゃいますが。

ただペイサーズのメンツは優等生的なのが多いので、このおかしな風貌に成り下がった(上がった?)ケイマンはいずらいんじゃないかと。そういう意味ではバックスでドリュー・グッデンあたりとオモロなコンビ結成してほしいです。

はてなブックマーク - クリス・ケイマン、何処へ TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
短縮シーズンとなった今シーズンも早くも3分の1が消化されました。

ちょいと振り返ってみます。

開幕直後のトピックとしては、ディフェンディングチャンピオンのダラスがまさかの大苦戦で3連敗スタート。とにかくエースのノビツキーの元気が全くありません。全然伸び伸びしてません。ね。

ファイナルまで進出した05-06シーズン、そしてウォーリアーズに大アップセットを演じられ、ノビにとって失意のシーズンMVP受賞となった06-07シーズンの雪辱を晴らしたリング獲得で燃え尽きちゃったのでしょうか。

ダーク・ノビツキー

ここ10試合で持ち直してきていますが、このままだと連覇は現実的ではなさそうですね。

ここまでシーズン前の評価通りに勝っているのは、東がシカゴ、マイアミ、西がオクラホマシティ、大型補強が成功のクリッパーズといったところでしょうか。逆に期待を裏切って勝っているのがフィラデルフィア、インディアナ、デンバー。

注目はフィラデルフィア。スコアリングリーダーが6thマンのルイス・ウィリアムスとエース不在ながら、ここまで平気失点1位の固い守備で勝率7割超は立派。この後控えるシカゴやマイアミなどの強豪との対決が楽しみです。


お次は選手にフォーカス。

ロックアウトでの準備不足か過密日程の影響か、今シーズンは平均得点がチーム内で分散しているような。なんせエースが20点以上とっているチームが例年より少なくないすか?
そのせいか、大飛躍とまではいかないまでも意外と飛躍している選手もたくさんいるようです。

いつの間にかピストンズのスコアリングリーダーに(といっても平均16点未満)なって、もうすぐリバウンドも2桁のグレッグ・モンロー。こちらも平均15得点ながらスコアリングリーダーのマーチン・ゴータット(リーグ最低のチームスコアリングリーダー)。意外とリバウンドもとってるシューター、ライアン・アンダーソン。6thマン賞最右翼のヒゲおじさん、ハーデンなどなど。

ルーキーはドラフト1位のアービングが孤軍奮闘していますが、なんといってもリッキー・ルビオ!スタメンに抜擢されてからはアシストとスティールを量産。シュートに課題を残すものの、ルーキーのデリック・ウィリアムスとの空中ホットラインや夢のあるパス、勝負どころでビッグショットを決めるなど、素敵なプレーを魅せてくれてますね。整えてないヒゲもいいぞ!

リッキー・ルビオ

そしてなんといってもカズンズ君!監督批判で試合に出られないなどまだまだ精神的に未熟なところとファウルの多さはご愛嬌。目下平均オフェンスリバウンド1位ですよ!なんか最近はファウルも減ってプレイングタイムが増えてます。オールスター初選出まであるか!?


スティーブン・ジャクション


オールスターまで1ヶ月を切って、トレードの噂も多々聞こえてきます。超大物ドワイト・ハワード、どこかに移籍確実なケイマン、帰ってこれなかった中国組、ガソル兄にもトレードの噂が。



はてなブックマーク - ノビないツキー TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
奇行で有名なロン・アーテストが突如として「メッタ・ワールド・ピース」に改名しましたね。ストーブリーグのちょっとした話題になりました。

メッタ・ワールドピース

99年のドラフトでブルズから1巡目16位で指名されキャリアをスタート。
同じドラフトで1位氏名されたエルトン・ブランドとともに、ジョーダンの引退とピッペンの移籍、残ったくり上がりエースのクーコッチとともに(クーコッチはこのシーズン途中に移籍)ドアマットチームに成り下がったブルズの再起の担い手として期待されました。

デフェンス力を発揮し1年目から出場時間を得ますがチームは全く勝てず、3年目の01-02シーズン途中にペイサーズへ移籍。オールスターフォワードとなったジャーメイン・オニールやアル・ハリントンなどの若手とチームを牽引し、03-04シーズンには最優秀守備選手賞を受賞。ナチュラルポジションがSF選手の受賞は初(現在も元アーテストだけ)。

しかーし。
現地2004年11月19日、NBA史上一番の大乱闘激をザ・パレスで主役を演じてしまいでシーズン残り試合全て出場停止。これでNBA随一のヒール役として不名誉な市民権を得ちゃいました。

パレスの騒乱

その後も、歯に衣着せぬと言うよりは、空気を全く読めない痛い発言や、全く売れないラップアルバムのリリースなどでKY度は加速。

そしてついに謎の改名。
なんでも、メッタは「すべてのものへの友愛」を意味する仏教用語だそうで、世界平和=ワールドピースと合わせて「世界中の若者に一つになって欲しい」という思いからだそう。

メッタ・ワールドピース


みなさんが思ってることを代弁しますね。


「お前になんか言われたくない」


プリンスみたいに「元アーテスト」って呼んでやりましょうよ。

アーテストとベンガが金髪
他人にまで悪影響を与える悪い先輩

メッタ!ワールド!ピース!!!

今シーズンの実況ハイライト!



はてなブックマーク - メッタ・ワールド・ピース TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
ワタクシの最後の投稿が「食卓に並ばないおでん」。
もう一年以上も前ですね。

仕事の関係で蟹工船に乗って声高らかにストライキの先頭に立っていた船員をチクって、見返りのゴールデンバットをそれそれは下衆且つ恍惚な表情でもらっていたため更新ができませんでしつぁ!!!!!


ちょっwwwバロン・デイビスTPOわきまえなさい!
NBAロックアウト

さーてさてさて。
一時はどうなることやらと動向を見守っていたロックアウトですが、新しい労使協定が結ばれ無事解除されました。
オーナー側も選手側もそりゃベースがビジネスですから、よりよい環境やルールを求めてお互いの主張がぶつかり合うのはしょうがないと思いますが、長引いてロックアウトになれば失望するのは当然我々ファンなのですからうまいことやって欲しいものですね。

今シーズンは、13年前のロックアウトで50試合開催となった98-99シーズンよりは多い66試合となりました。また、98-99シーズンでは中止になったオールスターゲームは開催されます。よかったよかった。
# そういや98年のドラフト1位はオロウォカンディwww

ともあれNBA2011-12シーズンが開幕しました。
開幕は2011年の12月25日。ファンにとってはうれしいクリスマスプレゼントでしたね。

ってことでタイトルを「メリークリスマス、ミスター・ローレンス・ファンダーバーク」にして、ファンダーバークの画像を探したらなんと当ブログがひっかかりました。僕、2009年にまったく同じタイトルで投稿していますね!頭が悪いですね!!!


ローレンス・ファンダーバーク



ロックアウトのせいで離れてしまったであろうファンを取り戻すには、ライジングスターや魅力的なチームが不可欠。

まだ開幕間もないですが、今年のルーキーはまだ目を見張る活躍をしている選手はいないですね。そもそもスタメン起用でしっかりプレイングタイムを得ているルーキーが少ないです。今のところ平均30分超えは一人もいません。2年待ってNBA入りしたリッキー・ルビオが周囲の不安を払拭し魅力的なプレイを披露しているので、はやいとこスタメンになって欲しいです。デリック・ウィリアムスと空中ホットラインを築くと素敵よ!

チームでは開幕前のトレードでクリス・ポールが加入、さらにビラップスまで加わってクリッパーズが一気に素敵なチームに。昨季新人王のグリフィンと4年目のディアンドレ・ジョーダンは仲が良くて元気が良くて良い感じです。

王者ダラスはもうバスケに飽きたのか、まさかの開幕3連敗。
今年は過密日程なのでサンダーなど若いチームが躍進しそうですね。


それでは興に乗って今年の大予想!

  • 新人王はルビオ
  • シーズンMVPはカズンズ
  • オールスターMVPはカズンズ
  • カズンズがトレードされて大覚醒
  • カズンズかわいいよカズンズ

それでは今年こそは宜しくお願いしまーっす!


はてなブックマーク - メリークリスマス、ミスター・ローレンス・ファンダーバーク TwitThis!! あとで読む
米(0) | TB(0)
1ページ / 2ページ >>